読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランサー花子の日記

突如、意図せずフリーランサーになったアナログ人間の花子。休みの多さに戸惑いながらも浮き草のような日々に身を任せております!

どうやら私は交通事故によってPTSDを発症したようだ

スポンサーリンク

 

 

私は、交通事故の被害に遭ってからずっと療養できていない。

 

加害者と加害者側の任意保険会社の対応が最低だったから療養どころではなかったのだ。

 

そのせいで私は体中が痛いのにも関わらず、証拠集めのために自動車会社に行ったり、この先も治療費の補償が受けられないことが確定したため、その対策のために市役所で第三者行為による傷病届の手続きをしたり事故証明を取るために免許センターに行ったり、自分の加入する任意保険会社の人達と今後の対応を協議したり弁護士事務所に行ったりと休む暇がなかったのだ。

 

毎日、事故に関する何かしらの書類を書いている。 

 

中でも私を苦しめたのが現場見取り図の描き起こしである。

 

もう私は既に交通事故の現場見取り図を保険会社提出用と市役所提出用と弁護士提出用にそれぞれの様式に合計で3枚描き起こしたのだ。

  

加害者側の任意保険会社がまともに対応してくれていれば、この内の市役所提出用と弁護士提出用の2枚の図面は描かなくてもよかったのだ。

 

私は本来、絵を描くのは好きだ。

 

しかし今は頸椎を捻挫しているため絵や図面を描くと特に首や肩に痛みが走るのだ。

 

図面の描き起こしはパソコンへの入力とは比べ物にならないほどに堪える。

 

そして事故の見取り図を描く度に嫌な気持ちになる。

  

PTSDを発症したようだ

 

毎日体の痛みと耳鳴りに悩まされ、眠ろうとすると事故の事を思い出す。

そして事故で死にかける夢を何度も見ては目を覚ます。

次は死ぬのではないかという恐怖心から眠れない日も多い。

 

仕事に夢中になって徹夜するのとは違って今の眠れない状態というのは精神的な苦痛でしかない。

 

痛みだけでも緩和しようと痛み止めを飲むと今度は胃がもたれて食欲もでない。(胃薬も一緒に飲んではいるが胃が悲鳴を上げている)

 

食欲も出ないからやる気もでない。

 

車の運転も今では苦痛でしかない。

 

もう何も考えられない。 

 

仕事も全くできていない。

 

 

どうやら私は交通事故によってPTSDを発症したようだ。

 

medical.yahoo.co.jp

 

 

迷惑電話が鳴り響く日々

 

追い打ちをかけるように私のスマホに昼夜を問わず迷惑電話が鳴り響く。

 

もう7年以上使っている番号への迷惑電話は事故の日までは全くなかったのだ。

 

それは私が今まで信頼できる人間にしかこの番号を教えていなかったからだと思う。

 

この番号を知っているのは家族・親戚・学生時代からの友人達・数年来の親しい知人・数年来付き合いのある会社の経営者達・数年来の仕事関係者(大企業や官公庁の担当者やそこそこ名の知れた優良企業の担当者)である。

 

過去7年以上に渡りこの中で私の個人情報を流す人は誰もいなかったのである。

 

それが今回の突発的な事故で、急な連絡にも対応するため私はこの番号を加害者と加害者側の任意保険会社に知らせてしまったのだ。

 

それから迷惑電話が始まったのだ。しかも迷惑電話の主は私の個人情報をよく知っていた。

 

その会話の内容から今回の事故がすぐに頭に浮かんだ。

 

断定はできないが、この事故は何かとおかしいことばかりなのでいろいろ気になっているのだ。

 

実は今回の事故で初めて知ったのだが事故の関係者は通常知りえることの出来ない相手方の連絡先以外の個人情報を簡単に取得できてしまうのだ。

 

今回の事故でそれを悪用されているような気がするのだけど、考えすぎだろうか。

 

 スポンサーリンク