フリーランサー花子は仕事を選んでいる

フリーランサー花子は今、ほとんど仕事をしていません。

  

傍から見ると完全に無職に見えることでしょう。

 

しかし、実際はほんの少しだけ仕事をしています。

 

具体的には週に1日~2日程度だけ在宅ワークをしています。

 

それでも、家賃・生活費を賄えるだけの稼ぎはあります。

 

ですから、私は仕事を選びます。

 

仕事の依頼を断ることも多々あります。

 

普段から取引のある会社からの依頼は条件も良くこちらの仕事を尊重してくれており基本的に無理を言われることもないため、なるべく受けるようにしていますが、直接頼んでこられる仕事は条件が悪すぎるものが多く、賛同する気持ちにもなれそうにないため今まで全部断ってきました。

 

金銭面はもちろん重要なポイントですが、私も元自営業者ですから経営者の人間性なども含め賛同できそうかどうかを一番に重要視しています。

 

経営者の方に熱意があった上で「教えてほしい!力を貸してほしい!」というご要望ならこちらも無料で協力しようという気持ちにもなれますが、「自分が楽をしたいから!家に早く帰りたいから!」という理由で面倒な事を安い賃金で全部人任せにしたいという気持ちを前面にだされると、その時点でその人からの仕事は断るようにしてします。

 

そういう自分に甘い人に限って他人には異常に厳しかったりしますから、うまくいかないと全部人のせいにしてしまう傾向にあるんですよね。

 

一応、直接頼んでこられると無下には断れませんから話だけは聞くようにしていますが、1日8時間の拘束で1か月25日勤務で月2万円という奴隷契約にも思える無茶な依頼もありました。

 

「月に2万 ((+_+))・・・」って思ってたら、「サイトの管理と電話応対と来客応対とメール対応と発送業務をするだけで8時間中ずっと仕事ってわけではないから」とは言われましたが、月に2万円の割に毎日の拘束時間があまりにも長すぎるために速攻で断りました。

 

あと何故か仕事の募集もしていないのにサイトの作成依頼も結構ありましたが、これも全員、私に対して過度な期待があり「今まで依頼していたWEB制作会社にはぼったくられて、ひどい目にあったけど、あなたは良心的な価格で作ってくれそうだし、これで私のお店の売り上げも倍増間違いなし!!!」みたいなことを言っていました。

 

私は静かに「私はWEB制作会社の社員でもなければエンジニアでもなく、そもそもそういった仕事自体をお受けしてもいないのです」と断りましたけど、直接の仕事の依頼ってこんな感じで条件も感じも悪すぎるものしかありませんでした。

 

仕事の募集をしていないのにもかかわらず、依頼に来られるということ自体は有難いことなのかもしれませんが、なんか複雑な気持ちになります。

 

 幸い、普段から取引のある会社からのお仕事の依頼等を受けていると週1日~2日程度の仕事量でも毎日だいたい1万円以上の利益がでるため今は生活に困ることもなく、直接のお仕事依頼などは依頼者の人間性などを見極めながら仕事を選べる立場ですから、毎回冷静に断っていますが、フリーランスで今の強気の状態をキープするためには、それなりに安定的な稼ぎが必要になるんですよね。

 

安定的な稼ぎを望むためには、効率よく作業して取引先とクライアントに実績を認めてもらって、さらにいい仕事をもらえるようなより強固な信頼関係も築いていかなければという気持ちもあります。

 

できればこれから先も仕事を選べるフリーランサー花子でありたいと強く願うのでありました。