はてなブロガーがTwitterで学べること。PV数もアップします!

私は過去にTwitterを利用していた時には自分の好きなジャンルの人たちや単純に好きな人のアカウントをフォローしていましたが、はてなのブロガーさんであれば、やはり同じく「はてなブロガーさん」のアカウントをフォローしておいた方が学べることが多いと思います。

 

はてなブロガーがTwitterで学べること

 

はてなブロガーさんのアカウントをフォローしてツイートを見せてもらうことによりブログだけでは知りえない情報を読み取り知見を広げることができます。

 

はてなブロガーがTwitterで受ける恩恵(PV数アップ)

 

人気のはてなブロガーさんがブログ記事をツイートしてくれるとかなりの数の人が見に来てくれるようになります。PV数のアップですね。

 

知らない間に自分の記事を宣伝してくれているような感じになります。

 

私は今はTwitterをしていないのですがTwitterの連携機能でブクマコメントと同時にツイートしてくださっている人もいるようで、ありがたいですね<(_ _)>

 

Twitter連携機能 - はてなブックマークヘルプ

 

また、人気のブロガーさんのフォロワーになっておくとTwitterでツイートされた他の方の記事も読むことができますから、一石二鳥以上の価値があります。

 

Twitterで自分の好きな「はてなのブロガーさん」を探す方法

 

 Twitterの検索窓で自分の好きなブロガーさんの名前で検索すればユーザー名でアカウントがでてきますからフォローしてみるといいですよ。(万一、ブロックされたらショックですけど、その時は泣きながら諦めましょう!人間諦めが肝心です!!)

 

 また、より多くのはてなブロガーさん達と繋がりたい場合にはTwitterの検索窓から「はてなブログ」や「はてなブロガー」で検索しユーザー名を見てみると、ずら~っと「はてなブロガーさん達のアカウント」が出てきます。

 

ちょっと大変ではありますが1人1人ツイートの内容を見させてもらって、自分に合いそうな人がいたらフォローしてみるといいですよ!

 

この時にリツイートが多いアカウントだと自分の記事も気に入ってもらえたらリツイートしてもらえる可能性も高いということがわかります。

 

フォロー時の注意点

  

フォロー・フォロワー数を比較してみてフォロー数が圧倒的に少ない場合はフォローしてもフォロー返しは期待しないほうがいいです。

 

フォロー数がフォロワー数に対して圧倒的に少ない場合は、その方はかなり精査してフォローしていると考えられるからです。

  

よほど自分に自信がある場合か、フォロー返しを期待するのではなくその人のTwitterが見たいというファンの方はフォローしてみるのもいいと思います。

 

例外として私のように天才ツイッタラーと繋がりたいあまり熱烈なリプを送ってフォロー返しをしてもらえるというケースもありますけど、このようなケースは希だと思います。

熱烈リプは下手をすると嫌われる恐れもありますから相手の心理が読める方以外にはこの方法はオススメできません。

  

Twitterで絡みつきたい人におすすめのアカウント の探し方

 自称Twitterアナリストの花子の分析結果によりますとTwitterをしている人にもいろんなタイプの人がいることがわかりました。

 

人のTwitterは見たいけど絡まれたくはないという方もいれば、見知らぬ人と絡むのが大好きという方もいました。

 

人と絡むのが大好きな人の見分け方は簡単です。

Twitterアカウントのツイートと返信を見てください。

ここを見てみていろんな人にリプを送っている人は絡むのが大好きな人間もしくは絡まれるのが嫌いではない方の可能性が高いです。

文面から知り合いにだけ絡んでいるのかTwitter上だけの付き合いで絡んでいるのかがだいたいわかると思います。

 

Twitter上だけの付き合いの人複数人に絡んでいる人であれば、Twitter上の人格としては社交的だと考えられます。

 

こういった方は、比較的絡みやすい人たちです。

 

ただ、やっぱりマナーとしては最初はこちらからはあまりガンガン行かないほうがいいような気がします。

 

どうしてもリプを送りたい場合は「初めまして。Twitterのフォローをさせていただきました、はてなブロガーの〇〇と申します。いつもブログを拝読させていただいております。・・・」程度に留めておいた方がいいと思います。

 

 ちなみに花子は引っ込み思案ですから、黙って「こそ~っ」とフォローして向こうからリプが来るのを待つタイプの人間でした。ただ不覚にも天才ツイッタラーに対してだけは溢れ出る気持ちを抑えることが出来ずいきなりリプを送ってしまいましたが(#^^#)

 

社交的な人達ならフォローだけしておいて後は挨拶もせずこちらから一切アクションを起こさなくても、普通にツイートしているだけで向こうからどんどん来てくれますよ。

 

 

f:id:freelancer875:20170429001648j:plain

Twitterで絡みやすい人の難点

 

 絡みやすい人の難点としては、凄まじくリプを送ってくるのであまり仲良くなりすぎると睡眠時間が取れなくなることです。

 

フォロワー数が数千人になるとリプを送ってくる人の数もかなり増えます。

 

朝5時にリプしてくる人もいれば7時・9時・11時・13時・15時・15時15分・・・16時・16時15分・・・20時・21時・・・24時・1時・2時・3時・4時とそれぞれが都合のいい時間にリプを飛ばしてきます。

 

私は朝の5時過ぎに来たリプから順に返していき、7時頃には出勤前のOLさん達へのリプ返し、その後は主婦層、そしてなんかよくわかりませんが途中から中学生が入ってきたりして「修学旅行先でお土産を買ったからその写真を見てほしい」とか高校生や大学生も入ってきたりして最終リプ返しが社会人と主婦の不眠症軍団で、終わるのが翌日の朝4時ということもありましたね。

 

中学生はリプの内容が流石に可愛いので、私も丁寧に返信しましたが医大生はリプの内容がだいぶぶっ飛んでいましたね。ストレスの影響でしょうか特に深夜~2時頃にかけてのリプの内容はもう訳がわかりませんでしたが、まぁとにかく楽しませてもらいました。

 

Twitterのフォロワーさん同士ですごく仲良くなったり、一人のフォロワーさんとやり取りしていたらタイムラインでやり取りを見ていた他の共通のフォロワーさん達も話に入ってきたりと、同時に5人以上が賑やかにリプを飛ばしあって次第に増えていき収集がつかなくなってパソコンがフリーズすることも度々ありました。

 

Twitterは、どこかで区切りが必要になりますね。

 

Twitterで絡みたくない人はどうすればいいのか?

 

あまり人と絡みたくない人はそもそもTwitterはしない方がいいような気がしますが、フォローだけしたいという方はTwitterアカウントのツイートと返信を見てリプライを全く送っていない人達を選ぶとよいと思います。

 

 スポンサーリンク