読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランサー花子の日記

突如、意図せずフリーランサーになったアナログ人間の花子。休みの多さに戸惑いながらも浮き草のような日々に身を任せております!

交通事故が起きたらすぐにやるべき事(追突事故被害者の記録)

 

スポンサーリンク

 

 

 

先日初めて追突事故の被害(過失割合10:0)に遭いましたので、記録も兼ねてブログに記載します。

 交通事故のイラスト「玉突き事故」

 

交通事故が起きたらすぐにやるべき事

 

・事故が起きたら車を安全な場所に移動後けが人の保護等

・警察に連絡(110番通報)この時に必要であれば救急車の手配を依頼

・相手の車種や車番の確認(逃走の可能性があるため)

 

交通事故が起きて警察に連絡した後でやるべき事

 

・自身の加入する保険会社に連絡

・可能であれば現場保全

 

警察が到着したら渡すもの

 

・免許証の提出

・車検証の提出

 

パトカーに乗る警察官のイラスト

 

警察が到着したら聞かれること

 

・事故当時の状況等の確認

・職業や勤務先などの確認

  

通常軽微な交通事故が起きた場合に警察とやり取りをするのはこの時だけです。

怪我があれば病院に行った後で診断書を管轄の警察署の交通課に持参することになりますが、その時には書類を渡すだけで終わります。

 

交通事故が起きた時には事故当時の状況等聞かれたことを正確に答えましょう!

 

また、処罰感情について聞かれた場合には警察に任せると答えておきましょう!

ここで加害者に同情して処罰感情はないなどといってはいけません。

交通事故の加害者は非常識な人間であることが多いで、謝罪はしても補償はしないケースもあるようです。

(私の場合は加害者が一方的にぶつかっておきながら謝罪の言葉もなかったため、この時に警察に任せますと伝えましたが、結果それで正しかったようです。加害者は任意保険には入っていましたが補償する意思がないと後から任意保険会社が言ってきました。私は加害者に対して処罰感情しかありません。)

 

 

 

警察官立会いの下で事故の相手方と連絡先の交換

 

相手方との連絡先交換は絶対に警察の立ち合いのもとで行ってください。

警察がいないところで行うと連絡先等嘘をつかれるケースもあります。

 

・名前

・住所

・電話番号

・任意保険の会社名

 

事故が起きた時に少しでも気持ちに余裕があれば証拠として相手方の車両の撮影もしましょう。

 

・相手の車のナンバーと破損個所を撮影

(逃走の可能性があるため必ず自分の車より先に撮影してください)

・自分の車のナンバーと破損個所を撮影

 

 

早めに病院へ行こう!

 

事故が起こった直後に救急車を呼ぶほどの怪我ではなかったとしても少しでも痛みが出たら早めに病院に行った方がいいです。また頭を強く打っている場合には痛みがなくても早急に脳外科で診てもらいましょう!

 

受診する病院が決まっている場合には交通事故の加害者が加入する自動車保険会社に連絡(担当者がわからない場合には事故の日時と事故の相手の名前等を伝えるとスムーズです)し、自動車保険会社から病院に連絡を入れてもらえれば、病院での支払いをしなくて済みます。

 

※このことは交通事故の翌朝に私が病院に電話して確認し病院の人から教えてもらいました。この問い合わせをしなければ私は実費を全額自分で支払う羽目になっていました。(加害者の加入する任意保険の会社が悪質であった場合、後からやっぱり払わないと言ってくるケースもあります。万一このような卑劣な対応をされても心配要りません。一旦自分で立て替えておいて、後から相手の自賠責保険へ120万円までは請求できます。ただ手続きが面倒なため自分の加入する任意保険の会社に相談して代行可能であれば依頼されることをオススメします)

 

交通事故の当日には加害者側の自動車の任意保険の会社からは自分の健康保険を使って支払うようにと電話で言われましたが、事故の場合は基本的に健康保険は使えないようです。

このようなことを言ってくる保険会社は悪質です。私はこの電話でこの自動車保険会社はおかしいと気付きましたが皆様も悪質な自動車保険会社に騙されないように気を付けてください。

 

相手の自動車の任意保険会社が治療費を払わない場合

  

通常、交通事故が起きれば加害者が加入する自動車の任意保険会社が治療費を払うものです。

ただ、例外として私のようなケースで加害者の自動車の任意保険会社が治療費を払わないと言ってきた場合などは病院にその旨を説明すれば自分の健康保険を使える可能性もあるようです。

 

流れとしてはまず、受診する病院に自分の置かれている状況を説明します。

おそらく病院側が第三者行為の手続き(第三者行為による傷病届)をとるようにと教えてくれると思います。

 

私は自由業で国民健康保険の加入者ですから市役所の国民健康保険課に電話をして、事故の状況に加えて加害者の自動車の任意保険会社が治療費を払わないと言ってきた事などを説明したところ、市役所から第三者行為による傷病届を送ってくれることになり、それが届き次第記入し免許センターで取得できる交通事故証明書のコピーを付けて返送するようにと教えていただきました。

 

ただ、その処理を待っていては病院での受診が遅れてしまいますので、病院へは電話で市役所の方と話した事を伝えて自分の国民健康保険を使って3割負担で受診できることになりました。

 

www.city.suginami.tokyo.jp

 

 

治療費を保険会社が支払う場合の病院への持参物

保険証

(保険証は基本的に交通事故の場合は使えないようですが本人確認等のために持参しましょう)

お薬手帳

お薬手帳があれば薬の服用歴や副作用等がわかります)

 

 保険会社と連絡が取れなかった場合の病院への持参物

 

お金

保険会社と連絡が取れなかった場合には個人が一旦実費で支払う必要がありますから、お金を多めに持参して病院の受付で必ず交通事故であることを告げて対応してもらいます。

治療費は高額になることもあります。

相手が任意保険に入っていなかった場合やお金が用意できない人は自身の加入する任意保険の会社に相談してみましょう。

 

私は加害者が任意保険に入っているにもかかわらず損保会社が払わないと言ってきたので第三者行為による傷病届の手続きをとり、自分の国民健康保険を使って3割負担で受診できることになりました。(ここから先はまだ未定です)

 

保険証

(保険証は基本的に交通事故の場合は使えないようですが本人確認等のために持参しましょう)

お薬手帳

お薬手帳があれば薬の服用歴や副作用等がわかります)

 

  

追突事故被害者が行くべき病院の診療科目

  

整形外科

首・肩・腰・膝などの痛みなどといったむち打ちの症状が出たら整形外科へ行きましょう。

私は最初は吐き気その後両手の手の痺れ、その数時間後には首と肩回りが最も痛くなり翌朝には腰や膝や目や左下腹部まで痛みがでましたが、一番痛みの強かった首と肩回りのレントゲンを撮りまして、痛み止めや湿布を処方してもらいました。

 

追突事故の場合には事故から数週間は痛みでリハビリはできませんので、まず薬や湿布で痛みをとってから、その後リハビリが始まるそうです。

 

脳外科

 

私は事故直後から吐き気がしていたことや一時的に記憶障害になったり自分の名字が書けなかったため脳外科も受診しました。

症状から脳外科医の勧めでCTを撮りました。

 

この時のCTの検査結果では問題ありませんでしたが、後から脳内出血が見つかるケースもあるようですから、当分の間は家族や周りの人達に自分の様子がおかしくないかを見ていてもらう必要があると言われました。

 

MRI・CTスキャンのイラスト(女性)

 

 

脳外科や整形外科以外にも、事故の衝撃で体のどこかに痛みがあれば診てもらいましょう!

早めに病院に行って診断書を貰っておかなければ事故との因果関係がなかったと捉えられることもありますから、早めの受診が肝要です。

 

また、交通事故で一度受診が始まると完治まで同じ病院に通うことになりますので、通いやすい病院を選んでおいた方がよいと思います。

私は脳外科の受診も希望したため自宅近くの総合病院を選びました。

 

病院でもらうもの

 診断書のイラスト

 

 

診断書

 

症状があれば診断書を書いてもらうましょう!

 

病院・薬局等の領収書

 

病院・薬局等の領収書は後で請求する時のために必ずもらっておいて保管しておきます。

 

 

警察署の交通課に持参するもの

 

診断書

病院で貰った診断書は早めに管轄の警察署の交通課に持参します。

 

診断書を持参することにより物損事故から人身事故へと切り替えてもらいます。

 

加害者側の保険会社が警察に届け出ないように被害者を脅してくるケースもあるようですが悪質な保険会社にここで屈していてはいけません。

 

診断書を提出して人身事故扱いにしてもらわないと被害者は後々不利になるようです。

 

補償の問題もありますので怪我をした場合は必ず診断書を警察に持参して物損事故から人身事故に切り替えてもらってください。

 

交通事故が起こってから自動車保険会社が被害者に脅しをかけてくるようなケースでは特に加害者は全く反省していません。人身事故に切り替えてもらうことにより罰を重くしてもらうほか被害者に残された道はありません。

 

事故で怪我をすると思うように動けませんが、できれば交通事故が起こってから1週間以内に診断書を持っていくのが望ましいようです。

 

保険会社に車の修理を任せてはいけない

 

あろうことか交通事故の証拠となる自動車の証拠隠滅を図ろうとする自動車保険会社もいるようです。

被害者の自動車を引き取って自社の息のかかった修理工場で修理させれば、もう証拠は残りません。

証拠がなければ被害者に勝ち目はありません。

故障の度合いを軽いものとして治療費の支払いをストップさせてしまう保険会社もあります。

悪質な保険会社は保険料の支払いを低く抑えるためにはどんな手段にもでてきます。

 

車は自分の信頼できる整備工場へ持ち込みましょう。

車の整備のイラスト(車検)

 

 

可能であれば故障の状況と内部の状況も見てもらって走行に差支えがないようでしたらできれば証拠保全のために修理は少し待った方がいいです。

また、証拠がわかるように修理前には自動車内部の損傷の状況などの撮影も依頼しておきましょう!

  


freelancer875.hatenablog.com

 

国土交通省のサイト 

交通事故が起こった時の確認事項等は下記の国土交通省のサイトも参考にしてください。 

 

https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/accident/correspondence.html

 

スポンサーリンク