ブロガーとアフィリエイターの違い(サンプル数1人)

ここ3ヶ月ほどブログで毎月安定して1,500PV付近を彷徨っているフリーランサー花子です。

  

ブロガーとアフィリエイターの違いが判明した

ブログを7か月続けてみてアフィリエイトサイトを作っている時の自分とブログを書いている時の自分は同じ人間でありながら、思考が全く違うことが判明しましたのでその違いを記載していきます。

 

ちなみに私はアフィリエイトサイトでは成果を出せてもブログではあまり成果を出せてはいませんが、最近はそれでもいいかなと思えるようになってきました。

なので、アフィリエイトサイトは主にお金のために作成し、そしてブログは自分の記録のためと誰かの参考になればという気持ちを持ってマイペースに書いていくつもりでいます。

 

特に役に立ちませんが興味のある方はご覧ください。

   

ドメインを取得する前段階の違い

 ブロガーの自分

何を書くかなどあまり考もせず、無料ブログなのをいいことにいきなり始めてしまう。

広告は行き当たりバッタリ的に貼り付ければよいという認識でしかない。

 

アフィリエイターの自分

サイトを作る前から全体の構図・大まかなタイトル・キーワード・書く内容まで何もかも頭の中だけで全て決めてから取り掛かる。

広告ありきで記事を作るため、この時既に掲載する広告主まで全て決めている。

ただし広告主は撤退する可能性もあるので、なるべく長く続けている有名な会社や確定率の高い会社を選ぶ。

報酬率よりも確定率にこだわる理由は、確定率が100%に近ければキャンセルになる可能性が極めて低く、確定率が低ければキャンセルになる確率があがるため売上がいくら計上されてもほぼぬか喜びとなるためである。

尚、報酬率はアップしてもらえる可能性もあるため、まずは成果を出すことが先決になる。

全ての会社ではないが成果を出せる人間は必ず誰かの目に留まり評価してもらえるから、諦めずコツコツ続けることで勝手に1件当たりの利益率が上がっていく。

 

とにかくアフィリエイトサイトについては稼ぐことを第一の目的としているので稼げなければ努力が水の泡となるため、ドメインを取得する前からかなり真剣に考える。

   

freelancer875.hatenablog.com

 

 

記事の内容の違い

 ブロガーの自分

・その日にあった事、主に怒りや憎しみ悲しみなどのドロドロした感情を日記・備忘録として書く。

・何故か楽しいことや幸せだと感じたことについては、あまり書く気が起きない。

 

アフィリエイターの自分

・特化サイトにつき、既に書くことは全て決まっているので頭の中にある情報を引っ張り出してきて淡々と書く。

・時折Googleの様子を密かに伺いながら優先度を考えつつ記事を書いていく。

  

 

 キーワード出現率の違い

ブロガーの自分

キーワードについては、あまり考えないようにはしているが、どうしてもアフィリエイターとしての自分を抑えきれず、長文になると特に同じような内容の文章を1記事に2回以上繰り返してしまう癖が抜けない。

読みやすい文章にするために不要な文章は消そう消そうと思う反面、あわよくばという浅はかな考えから検索サイトでの上位表示を狙おうとしてしまい、文脈がおかしくなったりしてしまうが、それをわかっていても訂正を拒んでしまう自分がいる。(悪い子)

 

アフィリエイターの自分

キーワードを基に文章を作るため、あからさまに必要以上にキーワードを出現させるが読み手が不自然さを感じない程度に上手い具合にバランスよく記事内に配置する。(プロの手口)

  

 

言葉遣いの違い

 ブロガーの自分

・多重人格者のように毎回言葉遣いが無茶苦茶で傍若無人な振る舞いも厭わない。

・語尾も統一しておらずその日の気分だけで「ですます調または断定助動詞」になる。

・我儘な子供のような気持で書き殴っている。

・ろくでなし感がある。

 

アフィリエイターの自分

・全ての記事で統一感を出すために言葉遣いには注意している。

・語尾は「~でございます」を多用する。

・聡明な女性が書いているような雰囲気を醸し出している。

・自分が注文しそうになることも多々あるほど魅力的だ。

 

  

書く時の気持ちの違い

 ブロガーの自分

・毎回毎回、感情の赴くままに書く。

・後先考えずに書く事が多いので、ちょっとは冷静になった方がいいと思うこともある。

・私情しか挟まない

 

アフィリエイターの自分

・特に感情はなくほぼ無の境地で淡々とAIのように書く。

・さらに人間としての感情を敢えていれるために、百貨店の外商部のような細やかな心配りも巧みに織り交ぜる。(策士)

・私情は一切挟まない

  

 

 自分の存在の違いなど

  ブロガーの自分

・主役は自分。

・人の意見は聞かない。

・自己主張が激しい。

 

 

アフィリエイターの自分

・黒子の自分。

・あえて存在感を消している。

・商品にスポットライトを当て、あくまで自分は裏方だと言い聞かせる。

ASP担当者・広告主などの意見を考慮しつつ、顧客に信頼されるよう誠実に公平に判断するよう心掛けている。

  

 

運営の目的

  ブログの場合

・共感してほしい。(特に憎しみや悲しみや苦しみの感情で激しく共感を求める・幸せなことについては不思議とあまり共感を欲しない)

・参考にしてほしい。(同じ轍を踏まないでほしいという意味の方)

・あわよくば笑ってほしい。

・その他(自分の備忘録としての利用など)

 

アフィリエイトサイトの場合

・とにかく購入してほしい。ただそれだけ(購入こそが顧客からの評価という意味)。

・さらにリピーターになってくれれば尚嬉しい。(リピート購入ほど嬉しいものはない)

・購入してもしなくてもサイトをお気に入りに追加してほしいと願っている自分もいる。

・「素晴らしいデザインのサイトだ!」と毎日のように眺めてくれれば気分が良いが、お客様と一切交流しないので、実際のところどう思われているかはわからない。(聞く気もない)

その評価はこちらとしては売れたかどうかだけで判断するので、売れていればよしとしている。

その反面売れなければ苦悩の日々が待っている。

   

  白いハイビスカスのイラスト

私の死後について

普通に考えればあと60年くらいは生きられると思うが、命の危険を感じることもちょくちょくあるのでこの機会に書いておく。

 

ブログは相続人の意思にお任せします

 ブログは、お金にならないので相続人が必要なければ消してもよいが、できればアクセスがある間は誰かの役に立っているかもしれないので残しておいてほしい。

 

 

アフィリエイトサイトは何としてでも誰かに相続してほしい

 アフィリエイトサイトは無形固定資産のような形で代々受け継いで残してほしい。

不労所得に近いものがあるから慣れればそれほど手間もなく生活の足しになるはずだ。

  

アフィリエイトサイトは3親等以内の血族に相続してほしいが、アフィリエイトのA8はそのままでは口座名義等替えられないと思うので、特単は全部パーになるが、一旦私の名義の方の会員を解約すると同時に広告を全部はずし、相続人が新たに私のサイトを相続人の名義でA8に申請し、審査が通れば広告を貼りまくって永遠に稼ぎ続けてほしい。

 

 

 

 以上です。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 スポンサーリンク