土曜日に病院に行くと損をする?土曜の午後は医療費が高いらしいのです!

最近ペインクリニックで近赤外線治療を受けています

 

またしても台風が近づいており、昨日も夕方まで起き上がることが出来なかったため、今日は頭が痛かったものの雨の中ペインクリニックに近赤外線治療を受けに行ってきました。

 

お天気お姉さん・女性気象予報士のイラスト

 

初回の時に処方してもらったむち打ちによる痛みを和らげる薬と手の痺れを取る薬が私の体質に合わなかったらしく副作用がキツかったため院長先生に相談し2回目以降の診察からはスーパーライザーという近赤外線治療のみを行うようになったのですが、その医療費は国民健康保険を使うと1回当たりたったの340円の支払いで、バリバリ働くことのできない私にとっても安いと感じる金額になっています。(先週は脳外科で後遺障害診断書作成料やMRI画像CD代で16,000円以上の支払いをしてきましたので340円という金額を異常に安く感じます)

 

スーパーライザーという近赤外線治療は痛みも全くない治療法で首回りがポカポカして血行が良くなり痛みも軽減されますし340円以上の価値のある治療法だと思うからこそ週1~2回の通院でいい所を週に2~3回通っている訳ですが、なんと土曜日の今日は会計の時に「490円です」と言われたのです。

 

実際に効果はあるような気がしていますしペインクリニックに通う前の強烈な痛みと比較しますと雨の日は頭は重いものの首や肩の痛みが少し和らいできているので490円の支払いでも全然構わないのですが、いつもより150円高かった理由を知りたくて会計の人に確認してみました。

 

土曜日の午後は医療費が高くなるらしい

 

病院の会計の人によると土曜日は診療時間内であっても医療費が余分に加算されるとのお話でした。

 

そういえば、ペインクリニックに通いだしてもう2週間以上になりますが、今までは上手い具合に平日にばかり受診していたのでした。

 

今日は台風前でいつもより頭が重かったため初めての土曜受診になった訳ですが、どうやら土曜日の午後は医療費が高くなるようなのです。

 

病院へは平日に受診した方がお得らしい

 

仕事の都合などで土曜の午後からしか受診できない方などは仕方ありませんが、なるべく平日に受診した方がお得なようですから、平日に病院に行ける方はなるべく平日に受診した方がよさそうです。

 

※土曜日の午後の他にも時間外や休日(日曜・祝日)にも医療費の加算があるようです。

 

土曜日や休日・時間外の医療費の加算について

 

会社員の頃に加入していた協会けんぽの記事しか見つけられませんでしたが、医療費についての詳細は下記のリンク先をご覧ください。

 

 

早朝や夜間、休日を診療時間としている診療所(19床以下)がありますが、診療時間内であっても、時間帯によっては初・再診時に「夜間・早朝等加算(500円)」がつくことがあります。調剤薬局も同様(「夜間・休日等加算(400円)」)です。

 「平日や日中は忙しいから」という理由で、夜間や休日に受診している人は、できるだけ平日の日中に受診するよう心がけましょう。

 

引用元:

医療機関のかかり方で上手に節約! | お役立ち情報 | 全国健康保険協会

 

 

 

早朝・夜間・休日の加算

 

 

病院・診療所(初診)

病院・診療所(再診)

調剤薬局

時間外加算

概ね8時前と18時以降

土曜日は8時前と正午以降

850円

650円

調剤基本料と

同額を加算

 休日加算

日曜日・祝日・年末年始

2,500円

1,900円

調剤基本料の

1.4倍を加算

 深夜加算

22時〜6時

4,800円

4,200円

調剤基本料の

2倍を加算

 夜間・早朝等加算

 (診療所のみ)

 18時〜8時

 土曜日は正午〜8時

500円

※診療時間内であっても加算されます。 

 夜間・休日等加算

19時〜8時

土曜日は13時〜8時

400円

 

※  上記のうち、いずれか1つが加算されます。

※  医療機関や診療態勢によって、加算等が異なる場合があります。

※  上記には健康保険が適用されます。自己負担額については、70歳未満は上記の3割、未就学児は2割、70歳から74歳の方は2割(ただし、平成26年3月31日以前に70歳になった被保険者等(誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方)は1割)、70歳から74歳の現役並み所得者は3割です。

 

引用元:

医療機関のかかり方で上手に節約! | お役立ち情報 | 全国健康保険協会

 

 

 スポンサーリンク