学校の先生は暑さに強いから熱中症になる子供の事を理解できないのだと思う

学校での我慢大会は辞めにしよう

æ ¡éã®ã¤ã©ã¹ã

私が子供の頃は学校にエアコンやクーラー、もちろん扇風機も何もなかった。

直射日光の当たる校庭はもちろん暑くて、建物内の教室や体育館でさえ風は入らないし夏は毎日蒸し暑かった。

 

私やクラスの子は幸いにも皆体が丈夫で炎天下の中での運動や40度を超えるスタジアムでも誰も不調を訴えなかったが私は常々「なんだこの我慢大会は?」とは思っていた。

私は一度も倒れたことはなかったし学校行事にも必要以上に参加していたが本当は暑さも寒さも苦手だった。

 

今考えると同級生で学校の先生になった子は、そつなく何でもこなせて暑さや寒さにも強かったと思う。

暑さ寒さに強くなければエアコンが完備されていない職場である学校を自分の就職先に選ばなかったはずだ。

 

空調完備の大企業に就職すれば学校の先生と同等もしくはそれ以上の給料ももらえたはずなのに、わざわざ学校の先生を選んだ理由は安定だったのだ。

 

中には子供達に勉強を教えることを天職だと考えていたり高尚な理由で学校の先生を目指す人もいるのかもしれないが、私の同級生の女の子は、本当は大企業に就職したかったのに担任教師から将来教師になるように説得されたことで実際に教師になったのだ。

その子は子供が好きだとか日本の教育がどうのとかそんな考えは一切なく、先生の猛プッシュにより教師という食いっぱぐれのない安定した職業を選んだに過ぎなかったのだ。

  

そんな人間が一人一人の子供のことを真剣に考えるだろうか?

勉強も運動もそれなりにでき暑さ寒さに強く体が丈夫だというだけで教師になった人が熱中症になる子供のこと等考えられるのだろうか?

 

私は考えられないと思う。

考えられない教師が多いから、学校内で不幸な人災という名の事故がなくならないのだと思う。

 

熱中症・熱射病は防げたはず

 

先日、小学校1年生の男児が熱射病で亡くなる痛ましい事故があった。事故というより人災というべきだろう。

熱中症で死亡した小学生、不調を訴えるも担任の教員により励まされて公園で遊ぶことに…意識が遠のき死亡:ハムスター速報

 

数か月前まで幼稚園児だった6歳の子が体の不調を訴えたにも関わらず、無理矢理校外学習に連れ出すなんてことは、教師が暑さ寒さに弱く人の痛みがわかる人間だったら絶対にしなかったはずだ。

 

少なくとも私ならしない。

 

この猛暑日に照り返しのあるアスファルトの歩道を通って遠く離れた公園に行き虫捕りなんて・・・何でする必要があるのか。

 

ないだろう。

 

だけど学校の先生は暑さに強いから熱中症になる子供の事を理解できなかったのだと思う。自分は暑さを感じないから子供は大袈裟だと感じたのだと思う。

もしくは暑さを訴える子供の気持ちを多少は理解できていても体裁を取り繕うために判断を誤った可能性もある。

 

子供はしんどくて仕方なかったから「行きたくない」としっかりと意思表示をしたのだろうが、それにも関わらずそれを我儘とか集団行動が出来ない子と解釈してしまった先生が無理矢理連れだしたのだろう。

そして校外学習への行き帰りに「疲れた」と言っていた小学1年生の男児のSOSさえ見逃したのだ。

 

何故すぐに救急車を呼ばなかったのか

 

学校に戻ってから男児はさらに不調を訴えたのにすぐに救急車を呼ばず室温が37度以上もある教室で様子を見ていたとか。

 

ありえない。

 

熱中症の知識のある人間なら、早急に体を冷やしながら涼しい場所に移動させつつ、もっと早い段階で救急車を呼んでいたはずだ。

 

この先生は救急車を呼んだら大事になって自分が責められると考え保身が働いたのではないだろうか。

からしばらく様子を見てしまったのではないだろうか。

適切な対応をしてすぐに救急車を呼んでいたら、男児は助かった可能性が高かったはずだ。

 

 

こんな事件があったにも関わらずこの暑い中で体育祭を行った高校もあるのだ。

 

いくら決まりだからって、ありえないよ。

先生たちはいい大人なんだから自分の頭で考えて臨機応変に行動してほしいよ。自分の保身なんかより子供の健康を一番に考えてよ。

 

学校行事・集団行動・決まり・・・いい加減にしてほしい。

 

うさぎ跳びで神社の階段を昇らされていた時代はもう終わったんだ。

年々気温も上昇しているし去年までやっていたからなんて言ってたらいつまで経っても進歩がないよ。

学校みたいに子供が逆らえない場所で我慢は美徳なんて根性論を振りかざしていたら、小さい子や体の弱い子は生きていけないよ。

 

いったい何人の子供が犠牲になれば真剣に考えるのか。